入退室管理システムとは?

↓入退室管理/出入管理↓

入退室管理ソリューション|Secure AC

入退室管理/出入管理ってなんだろう?

簡単に言うと、人の出入りを管理することです。
部外者が勝手に入室することを防いだり、 特定の部屋への出入りの記録を厳密にとることです。

ここではブログ形式で入退室管理に関する基礎、テナント・オフィスでの事例、工場での設置例、性能とデザイン、指紋認証、顔認証運用例をご紹介していきます。

1.入退室/出入管理とは?

簡単に言うと、人の出入りを管理することです。部外者が勝手に入室することを防いだり、特定の部屋への出入りの記録を厳密にとることです。

【例えば、こんな感じ】

  • ・外部からの出入口は常時施錠し、部外者が入れないようにする
  • ・特定の部屋への入室を社員ごと、時間ごとに制限する
  • ・出入りの記録をPCに自動的に記録する

出入口を常に施錠しておくことは防犯上重要ですが、出入りの度に鍵で開け閉めすることは現実には困難です。
また、昨今では内部犯罪への対策も重要とされ、特定の部屋や区画へは曜日や時間帯で出入りを制限し、誰がいつ、出入りしたかの記録を厳密に管理することが求められています。

人による入退室管理のイメージ
これも出入り管理ですが...全てを人がやるのは、コストもかかる上、正確性にも欠けます。

2.入退室管理/出入管理をきちんとするには?

扉の鍵を電気的に管理できるタイプ(電気錠など)に交換し、電気錠を開錠するためのID認証リーダーを設置します。

出入りを管理する扉の鍵を「電気錠」に交換します。
扉の種類によって電気錠に交換できない場合があり、扉の交換が必要になる場合もあります。
電気錠を設置することで扉は常閉状態となり、ID認証リーダーで許可された者のみが入室できるようになります。

構成イメージ
スタンドアロン運用例他と接続せずに単独で運用
入室のみ認証する場合の構成イメージと入室と退出ともに認証する場合の構成イメージ
システム運用例複数の扉を一元管理
管理用PCを含めた構成イメージ

3.入退室管理/出入管理、まず何をすれば良い?

どこを管理したいか、何を使って管理したいか、決めましょう!

1.管理したい部屋(区画)を決め、扉に電気錠が設置できるか確認する/2.ID認証の方法(生体認証、カード、テンキー)を決める/3.時間ごと、曜日などの運用ルールを決定(検討する)/4.メーカーに現地調査(施工内容確認、運用方法協議など)を依頼する

【例えば、工場のセキュリティ対策は?】

敷地内の安全や、作業中の安全管理、異物混入など、内部・外部の安全対策・監視が必要な工場でのセキュリティ対策をご紹介!

> 工場・倉庫での対策を見る

4.入退室管理/出入管理の管理画面ってどんな感じ?

出入りしたログを管理・閲覧するソフトウェア画面は、出入りの時間・出入りした人のID一覧で管理できます!

入退室管理ソフトウェアには、大きく次の機能があります。
1. ユーザーの登録・管理
2. ID認証リーダーの登録、管理
3. 入退出履歴の管理
4. 入退室の状態の表示
5. 入退室権限の設定
入退室管理システムの運用では、『いつ』『誰が』『どこの部屋に』『どのようにして出入りしたか』をモニタリングし、記録を残すことが重要となります。入退室管理ソフトウェアはこれらの記録をユーザーが管理しやすいよう様々な工夫がなされています。また、誰が、どの部屋に、いつ入れるのか、といった「入退室権限の設定」も簡単にできるように設計されています。

管理画面イメージ※入退管理ソフトウェアBiostar2『モニタリングメニュー』での画面構成例
管理画面イメージ

5.ID認証リーダーは、何を選べばいいの?

運用目的、運用規模、設置する環境を考慮して最適なID認証リーダーを決めましょう。

【認証リーダー選定の基準】

  1. 1. 運用するユーザーの数:出入り管理する区画への通行人数、通行頻度
  2. 2. 安全性(セキュリティレベル):どの程度の安全性が必要か
  3. 3. 利便性:登録のしやすさ、認証の速さ
  4. 4. 設置環境:屋内に設置するか、屋外に設置するか

ID認証の方法にはそれぞれ特徴があり、一概にどの方式が良いとは言えません。非接触ICカードが一般的ですが、高い安全性を必要とする場合には、生体認証によるID認証を採用するケースも増えてきています。導入のコストや利便性、安全性を考慮して、出入り管理の目的に適したID認証リーダーを選定する必要があります。

認証方法の機能と特徴
認証方式 運用期間 安全性 認証の速さ 屋外設備 実際の導入事例
暗証番号テンキー方式 小規模 要/収納ボックス
非接触ICカード 大規模 ・ニビシ醤油様(食品工場)
・レーベン様(テナントオフィス)
指紋認証 中規模 ・日清オイリオグループ様(食品工場)
・ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング様(テナントオフィス)
静脈認証 小規模~中規模 要/収納ボックス
顔認証 小規模~中規模 不可 ・スマートニュース様(テナントオフィス)
・ヘッドウォータース様(テナントオフィス)
・たけなかこどもクリニック様(クリニック)

6.入退室管理/出入管理をするには、いくらかかるの?

ID認証リーダー、電気錠などの機器費用、ソフトウェア導入費用、機器の設置工事費用保守費用が必要となります。

例えば、一つの部屋に対して入退室管理設備を導入する場合は、以下の費用が必要となります。
ID認証リーダーの種類、ID認証リーダーの数量(入室のみ認証、入・退とも認証など)
電気錠を設置する扉の形状、配線工事の距離や経路、保守費用の有無などにより導入に必要となる費用は異なってきます。

導入時の主な費用
機器費用
  • ID認証リーダー
  • 電気錠
  • 管理用PC
  • 管理ソフトウェア
  • ICカード
設置工事など
  • リーダー取り付け工事
  • 電気錠取付工事
  • 配線工事
  • ソフトウェア設定費
保守費用(オプション)
  • 3年/5年間の無償保証
  • ソフトウェア無償アップデート他

セキュアの入退室管理システムについて資料請求・お問合せする

入退室管理事例

商品の特長

人による入退室管理から厳密な管理へ

出入口を常に施錠しておくことは防犯上重要ですが、出入りの度に鍵で開け閉めすることは現実には困難です。 また、昨今では内部犯罪への対策も重要とされ、特定の部屋や区画へは曜日や時間帯で出入りを制限し、誰がいつ、出入りしたかの記録を厳密に管理することが求められています。

●人が行うと人員コスト、不在時には管理の隙が生まれる。
●サーバ室や個人データを管理する部屋への入退を紙で行うとデータに直す際の手間になっている。

実は実は、入退室管理システムを毎日使っています!

電車でSuicaやPASMOなどの交通系ICカードを利用している人は、実は入退室管理システムを使っています。 駅の自動改札も一種の入退室管理です。SuicaやPASMOなどで自動改札を通る際、ICカードごとに改札を通過した時間を記録したり、お金の足りないICカードなどは、通過できない様に制限したりしています。

屋内・屋外でも使えます

BioStation 2 は、IP65 認証の耐候性(防塵・防水)を備えています。IP65 等級の保護機能により、システム設計者は屋内と屋外どちらの環境にもターミナルを配置できます。

多用途インターフェース

BioStation 2 には、デバイスとサーバー間の主な通信用に、標準 TCP/IP および RS485 インタフェースが搭載されています。また、USB および Wiegand インターフェイスにも対応しているため、最大限の汎用性が得られます。BioStation 2 には、WiFi と Power-over-Ethernet が内蔵されており、柔軟に設置できます。

●幅広いインストールオプションに対応したPower-over-Ethernet機能を内蔵

関連ソリューション

やっぱりオフィスは必要だと気づいてしまった方へ 社員を守り、事業も継続!オフィスはクラウドで管理する AI Office Base詳細はこちら バナー
入退室管理ソリューション|Secure AC

関連商品

IP顔認証デバイス

FaceStation2

  • 認証方式(顔・カード・テンキー)
  • 0〜25,000lxの動作照度
  • Andoroid 5.0 Lollipopによるセキュリティの強化
  • 勤怠管理との連携可能
  • スタンドアロンでの運用が可能

IP指紋認証デバイス

BioStationL2

  • 認証方式(指紋・カード・テンキー)
  • 高度なLFD(ライブ指紋検出)技術
  • スタンドアロンでの運用可能
  • 勤怠管理との連携可能
3分で分かる「オフィスセキュリティ対策」
資料ダウンロードはコチラ
導入実績4,000以上
PAGE TOP