PAGE TOP
SITE MAP

入退室管理システム

生体認証にはどのような種類がありますか?

生体認証にはどのような種類がありますか? 

一般的なものには、『顔』・『指紋』・『静脈』がございます。

1)生体認証が使われるケース

生体認証は成りすましができないため、確実に本人を認証したい場合に使用されます。また、IDカードの携帯をしたくない、衛生上、安全上IDカードの携帯ができない場合にも使用されるケースが多いです。

2)生体認証にはどうのような種類があるか

生体認証は個人特有の生体的文様を個人を特定するIDとして照合、認証します。本人の手、指、顔、目、声の特徴を使用します。

3)入退管理に使用される主な生体認証方式には次のような方式があります

指紋認証 → 指先の文様(指紋)を比較して照合する認証方法。比較的低コストで認証速度も速い。屋外対応の製品もあるので、広く普及している。
静脈認証 → 手の平、甲、指の中の血流中のヘモグロビンに赤外線をあて静脈のパターンを比較して照合する認証方法。静脈パターンは偽造が非常に困難なため特に高い機密性が高い場所に設置される。IDカードやPINコードと組み合わせて使用することが多いため、カードレス運用が目的な場合や、多くの人数がアクセスする場所には不適。
顔認証 → 目、鼻、口間の距離や向きから特徴点を抽出し、比較照合する認証方法。リーダーに触れること無く、ハンズフリーで認証できるため人気が高い。衛生面に考慮が必要な場所や、手袋を使用するような場所に特に適している。直射日光の影響を受けるため屋外への設置には不適。
虹彩 認証 → 虹彩の文様を比較して照合する認証方法。虹彩(目)だけで認証できるため、マスクを着用していても認証が可能。複数のリーダーを使用する場合や、他の認証方式と混在しての運用には向かない。

4)ケース別おすすめ認証方式

IDカードやパスワードを使わずに運用したい──指紋認証、顔認証
衛生面に配慮し、リーダーに触れずハンズフリーで運用したい──顔認証、虹彩認証
マスクを外さずにハンズフリーで認証したい──虹彩認証
入室する頻度が低いが、特に高いセキュリティを実現したい──静脈認証
オフィスの入り口など、通行量の多い場所で使用したい──顔認証、指紋認証
ビルや工場の外部からの出入りで使用したい──指紋認証

更新日:

-よくある質問
 ---サービス---入退室管理システム,
 ---業  種---全業種,

 ---タグ-----入退室管理, 指紋認証, 生体認証, 生体認証種類, 虹彩認証, 認証方式, 静脈認証, 顔認証,

Copyright© セキュリティへのよくある質問|株式会社セキュア , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Sitemap

セキュリティ特集

入退室管理/出入管理ってなんだろう?

セキュアの入退室管理システムの特長

“FaceStation” 顔認証技術レポート

共連れ対策 共連れを防止するには

導入事例・実績

実際の導入例レポート INDEX

事業領域の拡大に合わせ、オフィスのセキュリティを強化

社員の理想を追求したオフィスに顔認証を導入

生体認証でフードディフェンスを強化

事故の予防を最優先に
 顔認証による入退管理設備を導入

お客様とスタッフが安心できる店舗の実現に
 防犯カメラを導入

事故の未然防止を目的に顔認証システムを導入

新工場建設を機に衛生面を考慮した
 入退管理設備を導入

確実な保護者確認に顔認証リーダーを導入

徹底したセキュリティ対策でお客様に貢献

「エリア毎の入退室管理」がローコストで実現

BioStaionの導入により勤怠管理の手間を削減

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

居住者の利便性を考え生体認証を導入

本社移転にともない、強固なセキュリティを構築

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

カードレス運用を目的にリプレイス

ICカードの採用で、運用管理を効率化

海外導入事例 (Suprema Inc.)

施設別 導入例 報告

オフィス(1フロア)

オフィス(複数フロア)

オフィス(建物全体)

工場(単独)  ・工場(複数棟)

店舗(単独)  ・店舗(多拠点)

教育機関

マンション

実際の設置の様子

主な取引先企業様