PAGE TOP
SITE MAP

ホームセキュリティ特集“FaceStation” 顔認証技術レポート

セキュリティ特集 | INDEX

“FaceStation” 顔認証技術レポート

FaceStation 2 製品についての詳細はこちら

あなたの顔が鍵になります

顔は、人を別の人と区別するための最も簡単な方法の1つです。たとえ幼児であっても、出生の数日後に母親の顔を認識することができます。人の歩み方・声の高さ・身長など、他の要因よりも、『顔』で認識する方が直感的です。

生体認証システムでは、指紋・顔・虹彩・静脈などの身体的特徴を認証情報として使用します。その中でも『顔認証』は、顔を信用証明として使用し、人間が「人を認識する」方法に最も近い方法です。このような背景から『顔認証』は、人々に受け入れられやすい認証方式とも言えます。

バイオメトリクス認証で最も一般的に用いられる指紋認識装置は、光学センサーが必要ですが、顔認識は、カメラを利用して人物を識別するので、光学センサーを必要としません。したがって、ユーザは、物理的な接触なしで認証することができます。
顔認識端末はIR(赤外線)技術を使用しているため、顔認識の主な欠点の1つはインストール可能な場所の制限です。周囲の強い光のために窓の外や窓の近くに設置すると、一般的な顔認識端末がうまく動作しません。
Supremaの最新の顔認識端末である『FaceStation2』は、この問題を解決しました。幅広い機能と強化されたパフォーマンスにより、まったく新しい非接触の生体認証体験をユーザーに提供します。

FaceStation2 ー 強化された顔認識技術と近赤外線LED

周辺光を処理することは、顔認識性能にとって重要です。一般的な顔認識端末の大半は、周辺光の強さによって認識性能が異なるため設置場所が限られていますが、FaceStation2では、本体前面に内蔵する『広角赤外LED80本』と『狭角LED60本』を周辺光に応じて可変的に照射することで0ルクスから25,000ルクスの範囲の照度環境で正確に顔を認証することが可能です。これにより、ユーザーは、窓、ロビー、建物の近くの屋内など、様々なところに端末を設置することができます。

強化された顔認識技術と近赤外線LED

性能を向上させるためにFaceStation2が採用したのは、もう一つの技術は、『3次元ピクセル強度分布分析』です。
近赤外線LED技術を使用する上での困難の1つは、周囲照明の影響です。周囲の照明は、紫外線を含んでいるため、近赤外LED照明を無駄にすることがあります。さらに、周囲光によって投射される顔の影は、既存の「顔の特徴抽出アルゴリズム」では顔の特徴を抽出することを困難にしていました。
『3次元ピクセル強度分布分析』は、顔画像を取得する際の周囲光の影響を最小にするので、端末はコントラストの変化が最小になった近赤外線画像を取得することができます。アルゴリズムでは、明るすぎる画像や暗い画像よりも均一なコントラスト画像で顔の形状を認識しやすいため、より多様な特徴を抽出することができ、高品質の顔テンプレートを作成することができます。高品質の顔テンプレートは、顔認識の性能にとって重要となります。

強化された顔認識技術と近赤外線LED

FaceStation2 ー 人間工学に基づいた設計

FaceStation2のカメラの角度と位置は、身長での影響が少ないように設計されており、推奨の設置高さでは、145cm〜210cmの身長差をカバーすることができます。オプションのチルトブラケットを使用することで、車椅子の人や子供にも対応できます。 さらに、ビルトインビジュアルカメラと赤外線カメラの視野角が異なるため、ユーザーは顔認識に最も適した位置に立つことができます。(ユーザーは、画面上の円形のガイドに顔を合わせることで簡単に最適な認証位置を特定することができます)

Ergonomic design

FaceStation2 ー 1.4GHzクアッドコアプロセッサによる驚異的な認証性能

fst2_cpu.png FaceStation 2は、強化された顔テンプレート抽出技術と1.4GHzのクアッドコアプロセッサを使用して、優れたパフォーマンスを実証しています。1秒以内に最大3000件の一致(1:N)を実行できます。グループマッチング機能を使用すると、1秒以内に最大30,000のマッチングを実行できます。

顔認識の方法

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 10
  • 11

FaceStation 2 製品についての詳細はこちら

tel:0800-919-9500

お問い合わせ

Home

導入事例・実績

実際の導入例レポート INDEX

働き方改革の実現に向けてクラウド型カメラを導入

事業領域の拡大に合わせ、オフィスのセキュリティを強化

社員の理想を追求したオフィスに顔認証を導入

生体認証でフードディフェンスを強化

事故の予防を最優先に
 顔認証による入退管理設備を導入

お客様とスタッフが安心できる店舗の実現に
 防犯カメラを導入

事故の未然防止を目的に顔認証システムを導入

新工場建設を機に衛生面を考慮した
 入退管理設備を導入

確実な保護者確認に顔認証リーダーを導入

徹底したセキュリティ対策でお客様に貢献

「エリア毎の入退室管理」がローコストで実現

BioStaionの導入により勤怠管理の手間を削減

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

居住者の利便性を考え生体認証を導入

本社移転にともない、強固なセキュリティを構築

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

カードレス運用を目的にリプレイス

ICカードの採用で、運用管理を効率化

入退室管理システム 海外導入事例 (Suprema Inc.)

監視カメラシステム 海外導入事例 (IDIS Co.,Ltd.)

施設別 導入例 報告

オフィス(1フロア)

オフィス(複数フロア)

オフィス(建物全体)

工場(単独)  ・工場(複数棟)

店舗(単独)  ・店舗(多拠点)

教育機関

マンション

実際の設置の様子

主な取引先企業様