フリーコール
(土日祝日除く9:30~18:00)

0800-919-9500

Device

SECURE

顔認証のぞき見ブロッカー

「顔認証」のぞき見ブロッカーは、登録者以外の人物によるのぞき見を顔認証により検知しWindowsをロックします。登録作業者以外のパソコン操作やのぞき見を防止し情報を守ります。
また、作業者が特定のファイルにアクセスした場合、自動で監視モードを開始し、情報を保護します。作業者のパソコン操作のログ保存機能によりテレワークなどに最適です。

商品の特長

高性能顔認証アルゴリズムの採用

入退管理や防犯カメラシステムに採用される高性能顔認証アルゴリズムを採用しております。 顔認証により登録された作業者の作業スペースを監視し、作業者の不在の検知した場合、また非登録者によるのぞき見を検知した場合にWindowsをロックします。
情報保護に関する検知機能は以下になります。

オフィス内に適した省スペースセキュリティ区画

物理的な間仕切りなどが難しいオフィス内にセキュリティ区画を簡単に構築することができます。

簡単に運用が開始できます

Windows PCに「顔認証」のぞき見ブロッカーをインストールし、USBカメラやPC内蔵カメラを使用して作業者の顔を登録するだけで運用を開始できます。

のぞき見許可モード

顧客にパソコン画面を見せながら説明をする時や社外でのプレゼンテーション時などに一時的な画面ロックオフモードを利用できます。一時的に画面がロックされなくなる代わりに、一定間隔で操作画面キャプチャ、パソコン前のカメラ画像をログとして保存します。

機能一覧


●作業者監視機能:登録されたユーザーが作業しているかを監視
●作業者不在判定:作業者、非登録ユーザーがどちらも検出されていない状態を異常と判断
●非登録者検知:作業者として登録されていないユーザーを検知し異常と判断
●のぞき見防止:登録ユーザと未登録ユーザが検知された場合、のぞき見と判断
●異常発生時のWindows ロック:異常状態が確定された場合、Windows をロックする
●自動開始:特定のフォルダ下のファイルへのアクセス、特定のアプリケーションの起動があった場合、自動的で監視を開始する
●イベントログの保存と閲覧:利用ログ、操作画面キャプチャ、カメラ画像をログとして保存可能

システム構成

のぞき見ブロッカーは、ご利用のパソコン内蔵のカメラかWEBカメラを設置し、アプリケーションをインストールするだけで、すぐにお使いいただくことが可能です。

関連データドキュメント

関連データドキュメント

製品紹介リーフレット

詳細を見る
3分で分かる「オフィスセキュリティ対策」
資料ダウンロードはコチラ
導入実績4,000以上
PAGE TOP