PAGE TOP
SITE MAP

ホームよくある質問 > 業種別『よくある質問』> 出入り管理で共連れを防止するには?

よくある質問 | INDEX

業種別『よくある質問』

情報通信系企業様向け

セキュリティニュース

会社概要・沿革

本社ショウルーム

tel:0800-919-9500

共連れを防止するには?

特に重要なエリアへの入室に関しては、共連れを防止する必要があります。共連れを防止するにはどのような設備が必要ですか?

情報通信系 ISO推進室 A 様

物理的な方法と、ソフトウェアによる対策があります。

共連れを防止するためには、構造的な対策とシステムとしての対策の2通りがあります。構造的な対策は、入室路を通常の扉ではなく1人づつしか通行ができないゲートを設置します。システムとしての対策は主に入退室管理のアンチパスバック機能を使用します。
構造的な対策である共連れ防止ゲートの設置はコスト負担が大きいので、一般的には入退室管理のアンチパスバック機能によって共連れを防止しているケースが多いようです。

tel:0800-919-9500

お問い合わせ

Sitemap

セキュリティ特集

入退室管理/出入管理ってなんだろう?

セキュアの入退室管理システムの特長

5分くらいで分かるバイオスターシステム

“FaceStation” 顔認証技術レポート

共連れ対策 共連れを防止するには

導入事例・実績

実際の導入例レポート INDEX

働き方改革の実現に向けてクラウド型カメラを導入

事業領域の拡大に合わせ、オフィスのセキュリティを強化

社員の理想を追求したオフィスに顔認証を導入

生体認証でフードディフェンスを強化

事故の予防を最優先に
 顔認証による入退管理設備を導入

お客様とスタッフが安心できる店舗の実現に
 防犯カメラを導入

事故の未然防止を目的に顔認証システムを導入

新工場建設を機に衛生面を考慮した
 入退管理設備を導入

確実な保護者確認に顔認証リーダーを導入

徹底したセキュリティ対策でお客様に貢献

「エリア毎の入退室管理」がローコストで実現

BioStaionの導入により勤怠管理の手間を削減

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

居住者の利便性を考え生体認証を導入

本社移転にともない、強固なセキュリティを構築

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

カードレス運用を目的にリプレイス

ICカードの採用で、運用管理を効率化

海外導入事例 (Suprema Inc.)

施設別 導入例 報告

オフィス(1フロア)

オフィス(複数フロア)

オフィス(建物全体)

工場(単独)  ・工場(複数棟)

店舗(単独)  ・店舗(多拠点)

教育機関

マンション

実際の設置の様子

主な取引先企業様