PAGE TOP
SITE MAP

ホームニュースリリース一覧

ニュースリリース | INDEX

2019年度 ニュースリリース

報道関係者各位

ロゴ

2019 年 8 月 1 日

株式会社セキュア
セキュア×RPAテクノロジーズ BizRobo!パートナー契約を締結
〜業界初! 内部不正や人為的ミスをRPAで防止。業務効率化とセキュリティを合わせ持ったRPAソリューション「Secure Robo!」を 2019年8月1日(木)より提供開始〜
株式会社セキュア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:谷口 辰成、以下「セキュア」)とRPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 知道、以下 「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、BizRobo!パートナー契約を締結し、「BizRobo!」を使用した「人間が行う業務操作を記憶して代行してくれるソフトウェアロボット『Secure Robo!(セキュアロボ)』サービス」を2019年8月1日(木)より提供開始いたします。

キャラクター

業務を代行してくれるソフトウェアロボット
「Secure Robo!」

谷口

(写真左から)株式会社セキュア代表取締役社長 谷口 辰成、
 RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之 様

昨今、人為的な個人情報の流出、食品加工会社での異物混入など、例えば人手不足による業務過多から起こりうる動機プレッシャーを起因とした内部不正が増えており、企業に与えるダメージは計り知れません。

従業員数300名以上の企業からのアンケートによると、10社に1社の割合で、内部不正の経験があると回答されています。この比率は増加傾向にあり、不正の内容よっては、最悪事業の継続が困難になる場合もあります(引用:独立行政法人 情報処理推進機構「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」)
実行犯の約8割が「内部犯(従業員)」であり、技術者・開発者・システム管理者などの、正規のアクセス権限を持つ内部者による、不正行為が大半を占めています。また、故意ではなくメールの誤送信など従業員によるミスで情報が流出してしまうケースもあり、もはや人ごとではないのが現状です。

内部不正を防ぐためには、「人」、「組織」、「技術」の面からの対策を検討する必要があります。
「組織」はコンプライアンス体制の強化、「技術」は情報システムによる制御以外に、物理的な入退室管理システムや防犯カメラの設置により、内部不正を抑止することができます。
「人」においては、急速な少子高齢化により、労働生産人口が減少し、人手不足が大きな問題となっています。
そこでセキュアでは、業界で初めてRPAの代行(自動化)による業務効率化と人為的リスク削減だけでなく、物理的なセキュリティ機器を連携させた包括的サービスを、RPAテクノロジーズのRPAソリューションプラットフォーム「BizRobo!」を使用し、PRAソリューション「Secure Robo!」として提供いたします。

イメージ

HR・・・Human Resourcesの略。ここでは人による情報収集や数字の集計、システムやソフトウェアなどの作業のこと。
RI ・・・Robot Intelligenceの略。ここでは、ロボットの知能が行う作業のこと。

個人情報を取り扱う作業やルーティンワークなどをロボットに覚えさせ、ロボットが作業を代行することにより、不正やミスを防ぐことができます。 その一方でシステム化がなかなかできず、人が行っていた業務をロボットが行うことにより業務効率化、コスト削減を図れます。
さらにRPAが稼働している環境に対して物理セキュリティ機器を連携させることで、業務全体のセキュリティレベルをコントロールします。

今後もお客様の課題解決をサポートするよう、積極的にソリューションを提供してまいります。

【会社概要】
■株式会社セキュア
代表 代表取締役社長 谷口 辰成(たにぐち たつなり)
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目6-1 新宿住友ビル20F
TEL 03-6911-0660
URL http://www.secureinc.co.jp/
設立年 2002年10月
資本金 1億1,900万円
従業員数 72人
事業内容 各種セキュリティ機器及びセキュリティシステムの設計、開発、
コンサルティング、販売レンタルサービス、施工、保守
■RPAテクノロジーズ株式会社
代表 代表取締役社長 大角 暢之
本社所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
URL http://rpa-technologies.com/
設立年 2013年7月
資本金 3,000万円
事業内容 コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/
情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/
マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により100%子会社として設立

<報道関係お問い合わせ先>
株式会社セキュア 経営企画室 谷口、田中、山本
電話:03-6911-0660
E-mail:secure-ir@secureinc.co.jp

tel:0800-919-9500

お問い合わせ

Home

製品・サービス

AI・画像解析ソリューション 概要

顔認証システム フェイストラッカー

入退管理用顔認証ターミナル FaceStation2

客数情報解析ソフトウェア Vemcount

混雑見える化ソリューション comieru

クラウドサービス 概要

ビジネス向け映像監視・録画クラウドサービス
 SECURE VSaaS

客数情報解析ソフトウェア Vemcount

入退室管理システム 概要

入退室管理ソフトウェア 一覧

入退室管理プラットフォーム バイオスターシステム

入退管理認証リーダー機器
(BioStarターミナルユニット)

FaceStation2 ・BioStation2

BioStationL2 ・BioEntryW2

BioLiteNet ・XpassS2

周辺機器

セキュリティゲート

スターンゲート  ・ライトゲート

ユニゲート    ・エンターゲート

フレックスゲート ・サークルゲート

監視カメラシステム 概要

ソリューション一覧

IDIS Direct CXシリーズ
 (アナログカメラシステム)

IDIS Direct IPシリーズ
 (ネットワークカメラシステム)

ネットワーク・ソフトウェア

周辺機器

販売終了製品

セキュリティ特集

入退室管理/出入管理ってなんだろう?

セキュアの入退室管理システムの特長

“FaceStation” 顔認証技術レポート

共連れ対策 共連れを防止するには

導入事例・実績

実際の導入例レポート INDEX

防犯対策と現場状況のシェア・安全管理を目指して

働き方改革の実現に向けてクラウド型カメラを導入

事業領域の拡大に合わせ、オフィスのセキュリティを強化

社員の理想を追求したオフィスに顔認証を導入

生体認証でフードディフェンスを強化

事故の予防を最優先に
 顔認証による入退管理設備を導入

お客様とスタッフが安心できる店舗の実現に
 防犯カメラを導入

事故の未然防止を目的に顔認証システムを導入

新工場建設を機に衛生面を考慮した
 入退管理設備を導入

確実な保護者確認に顔認証リーダーを導入

徹底したセキュリティ対策でお客様に貢献

「エリア毎の入退室管理」がローコストで実現

BioStaionの導入により勤怠管理の手間を削減

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

居住者の利便性を考え生体認証を導入

本社移転にともない、強固なセキュリティを構築

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

カードレス運用を目的にリプレイス

ICカードの採用で、運用管理を効率化

監視カメラシステム 海外導入事例 (IDIS Co.,Ltd.)

施設別 導入例 報告

オフィス(1フロア)

オフィス(複数フロア)

オフィス(建物全体)

工場(単独)  ・工場(複数棟)

店舗(単独)  ・店舗(多拠点)

教育機関

マンション

実際の設置の様子

主な取引先企業様