PAGE TOP
SITE MAP

ホームニュースリリース一覧

ニュースリリース | INDEX

2018年度 ニュースリリース

報道関係者各位

ロゴ

2018 年 12 月 21 日

株式会社セキュア
個人情報や機密事項などセキュリティ意識の高まりと共に
指紋・顔認証システム シェア率が大手に肉薄
セキュリティだけではない ID 認証データを働き方改革に活かすデータビジネスも視野

セキュリティ機器及びセキュリティシステムの設計、開発を行う株式会社セキュア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:谷口 辰成)は、指紋認証、顔認証システム分野にて大手メーカーに追従するシェア率2位を占めています。※富士経済「2018セキュリティ関連市場の将来展望(指紋認証、顔認証入退出用途 数量ベース 2017実績)より出典」

当社の代表的な取扱商品である、入退管理システム「FaceStation2(フェイスステーションツー)」の2017年度提供数が前年比の200%を超えるなど、今後更なる出荷を見込んでいます。

 
■群雄割拠の中シェア率2位を誇る
画面イメージ

富士経済「2018セキュリティ関連市場の将来展望」より出典

より高いセキュリティを求め、企業自らがオフィス単位でセキュリティシステムを導入することが増えており、当社でも入退室管理用途のID認証リーダーの出荷数が年々拡大し、中でも生体認証によるID認証リーダーの累計出荷数が3000台を超えるなど生体認証によるID認証の比率が増えてきています。

大手メーカーが新築ビルや建物を中心にシステムを導入する中で、当社ではオフィスを構えるユーザーのニーズに応える形で、ソリューション営業によるヒアリングを強化し、大手と肩を並べるシェア率を誇ります。

当社の出荷台数は2010年では年間150台であったのに対して2017年には2100台を突破するなど、個人情報や機密事項など、セキュリティの意識の高まりと同時に出荷台数が増えています。時代の流れのなかで、ゼロベースで新しく事業を立ち上げ、BtoBビジネスへの挑戦を大手に先駆けて挑戦してきた結果になります。

■入退室管理への取り組み

代表取締役社長 谷口 辰成

2008年当時、セキュリティ目的のID認証の主流はカードであり、一部生体認証で静脈認証が使われる程度で大手メーカーのガラパゴス化が進んでいました。そのような中で、当社は生体認証を中心とした入退室管理への取り組みを始めました。

セキュリティの強化は、スタッフの利便性を損なう反面がありましたが、高性能の生体認証を使うことでカードなど物理的なIDの所持や管理から開放されることに注目し、セキュリティの強化とスタッフの利便性を高めることが可能なシステムの設計と構築を積極的に進め、現在では小規模オフィスはもとより、テナントや大手自治体など幅広くビジネス展開し、圧倒的に強いシステムで業界をけん引してきました。

■企業理念を元に今後も新コンセプトを拡大

当社は、既存のセキュリティシステムにAIを掛け合わせて、セキュリティの新しい価値を生み出す事を目指しています。セキュリティシステムを通し、お客様に安全と安心をお届けするのを事業の柱に据えてきましたが、そこにディープラーニングなどのAI技術をはじめとする最新の技術を掛け合わせ、当社にしか出来ないセキュリティの新しい価値を提案します。過去、セキュリティの定義は「生命と財産の保全」でした。

しかし、近年においては、個人情報漏えいなどの情報事故が企業で発生した場合、市場からは一発退場となってしまうリスクを含んでいます。しかしながら、多くの企業は専門部署を作り運用をすることは困難なため、このような企業の課題を解決することが、私たちの事業でありミッションと考えています。

今後は入退室時でのID認証ログデータを、働き方改革に活かすデータビジネスなど、セキュリティ要素以外での活用法をお客様に積極的に提案していきます。


【会社概要】
会社名 株式会社セキュア
代表 代表取締役 谷口 辰成(たにぐち たつなり)
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目6-1 新宿住友ビル20F
TEL 03-6911-0660
URL https://secureinc.co.jp/
設立年 2002年10月
資本金 2億2700万円 
従業員数 55人
事業内容 各種セキュリティ機器及びセキュリティシステムの設計、開発、
コンサルティング、販売レンタルサービス、施工、保守
年商 13億8000万円
<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社セキュア広報事務局 担当:原田(はらだ)
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
携帯:080-3121-4241 メール:pr@netamoto.co.jp

tel:0800-919-9500

お問い合わせ

Home

製品・サービス

AI・画像解析ソリューション 概要

顔認証システム フェイストラッカー

入退管理用顔認証ターミナル FaceStation2

客数情報解析ソフトウェア Vemcount

混雑見える化ソリューション comieru

クラウドサービス 概要

ビジネス向け映像監視・録画クラウドサービス
 SECURE VSaaS

客数情報解析ソフトウェア Vemcount

入退室管理システム 概要

入退室管理ソフトウェア 一覧

入退室管理プラットフォーム バイオスターシステム

入退管理認証リーダー機器
(BioStarターミナルユニット)

FaceStation2 ・BioStation2

BioStationL2 ・BioEntryW2

BioLiteNet ・XpassS2

周辺機器

セキュリティゲート

スターンゲート  ・ライトゲート

ユニゲート    ・エンターゲート

フレックスゲート ・サークルゲート

監視カメラシステム 概要

ソリューション一覧

IDIS Direct CXシリーズ
 (アナログカメラシステム)

IDIS Direct IPシリーズ
 (ネットワークカメラシステム)

ネットワーク・ソフトウェア

周辺機器

販売終了製品

セキュリティ特集

入退室管理/出入管理ってなんだろう?

セキュアの入退室管理システムの特長

“FaceStation” 顔認証技術レポート

共連れ対策 共連れを防止するには

導入事例・実績

実際の導入例レポート INDEX

防犯対策と現場状況のシェア・安全管理を目指して

働き方改革の実現に向けてクラウド型カメラを導入

事業領域の拡大に合わせ、オフィスのセキュリティを強化

社員の理想を追求したオフィスに顔認証を導入

生体認証でフードディフェンスを強化

事故の予防を最優先に
 顔認証による入退管理設備を導入

お客様とスタッフが安心できる店舗の実現に
 防犯カメラを導入

事故の未然防止を目的に顔認証システムを導入

新工場建設を機に衛生面を考慮した
 入退管理設備を導入

確実な保護者確認に顔認証リーダーを導入

徹底したセキュリティ対策でお客様に貢献

「エリア毎の入退室管理」がローコストで実現

BioStaionの導入により勤怠管理の手間を削減

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

居住者の利便性を考え生体認証を導入

本社移転にともない、強固なセキュリティを構築

オフィス移転に際してセキュリティ設備を増強

カードレス運用を目的にリプレイス

ICカードの採用で、運用管理を効率化

監視カメラシステム 海外導入事例 (IDIS Co.,Ltd.)

施設別 導入例 報告

オフィス(1フロア)

オフィス(複数フロア)

オフィス(建物全体)

工場(単独)  ・工場(複数棟)

店舗(単独)  ・店舗(多拠点)

教育機関

マンション

実際の設置の様子

主な取引先企業様