1. HOME
  2. ブログ
  3. 無人店舗でも在庫管理はできる?3つの作業に分けて具体例を解説!

無人店舗でも在庫管理はできる?3つの作業に分けて具体例を解説!

AI顔認証で入店、決済

無人店舗は人件費を大幅に削減できるだけでなく、店員との接触も避けられるのでコロナ対策としても効果的です。

試験的に運用を考えている企業も、多いのではないでしょうか。

しかし一方で、
「無人店舗の在庫管理はどうやってやるのか?」
「盗難対策は問題ないのか?」
といった疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

そこでこの記事では、

  • 無人店舗で在庫管理は可能なのか
  • 無人店舗で在庫管理する仕組み
  • 無人店舗のセキュリティ

の流れで、「無人店舗の在庫管理」についてまとめて解説します。

あわせて無人店舗のセキュリティについてもお伝えしますので、ご一読ください。

なお、「無人店舗の在庫管理を含めて、導入に関して気になる点が多い」といった方は、『AI STORE LAB』にお問い合わせください。「セキュリティ対策」や「売上アップ」につながる機能をまとめた資料も、ご用意しています。

そもそも、無人店舗は人がいなくても在庫管理できるもの?

無人店舗には店員がいないため、どうやって在庫管理をするかイメージしづらい方もいるのではないでしょうか。

無人店舗サービスにもよりますが、人が店舗に行かなくても在庫管理できる方法があります

たとえばSECUREの『AI STORE LAB』なら、以下のような仕組みで在庫管理をしています。

  • 何を取ったかが分かる商品棚の重量センサー
  • 誰がものを取ったかがわかるカメラの画像認識

AI STORE LABを使った在庫管理について詳しく知りたい方は、以下からお問い合わせください。

AI顔認証で入店、決済

とはいえ、具体的にどのような仕組みで在庫管理をするのか、気になった方もいるのではないでしょうか。

そこで、無人店舗で在庫管理する仕組みについて、3つの作業に分けて解説していきます。

無人店舗で在庫管理する仕組みとは?3つの作業に分けて解説!

無人店舗によって、在庫管理の方法が異なります。

ここでは例として、SECUREのAI STORE LABの在庫管理方法を、以下の3つの作業に分けて解説します。

  1. 商品棚にある商品数の確認
  2. バックヤードにある在庫数の確認
  3. 商品の発注・店舗への補充

順番に解説していきます。

【作業1】商品棚にある商品数の確認

商品棚にある商品数の確認は、以下の仕組みによってリアルタイムに商品数を管理しています。

  • 棚の重量センサーによる商品数の増減
  • カメラの画像認証による誰がどの商品を手に取ったかの把握
  • 会計時の購入データ

たとえばSECUREのAI STORE LABの場合は、以下のように

  • 商品棚
  • 商品名
  • 陳列数

がわかるようになっています。

  1. 店舗に行かなくても、管理画面から商品陳列数が一目でわかる
  2. 陳列数が少なくなると、補充通知がくる

上記の点から、補充の必要なときがすぐにわかります。

そのため、無人でもリアルタイムに在庫管理ができます

【作業2】バックヤードにある在庫数の確認

AI STORE LABは、バックヤードの商品在庫も画面上から確認できます。

決済などが行われると自動的に在庫数を更新するため、気になったときにすぐ最新の在庫数を把握可能。

もし商品が一度に大量に減ったときは、大量の持ち去り通知がくるので、窃盗団対策にもなります。

1個や2個の少量を万引きしようとした場合でも、お客様が商品を手に取った時点から把握しているため、決済完了するまで店外へ出られません。

商品が減り補充の必要なタイミングになると、自動で以下のような補充の通知がきます。

補充の通知は画面上で確認できるので、通知が届いたタイミングで補充を行うだけで在庫管理が可能です。

AI顔認証で入店、決済

とはいえ、無人店舗でどうやって商品の発注や店舗への補充をするか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【作業3】商品の発注・店舗への補充

商品の発注・店舗への補充は、人が行います。

ただ、これを聞いて「無人店舗なのに、商品の補充は人の手で行う必要があるの?」と思った方もいるかもしれませんね。

人の手で商品の補充を行っている理由は、以下の2つ。

  1. 商品の到着時には「検品」が必要
  2. 配達員が商品を補充できる仕組みにしてしまうと、セキュリティが心配

無人店舗だからこそ、商品の状態はチェックしておく必要があります。また、窃盗などの対策として「商品補充時のセキュリティ」も強化しておくことが重要です。

とはいえ通知がきたとき補充に行くだけなので、人が行う作業はごくわずかです。そのため人件費も、ほとんどかかりません。

無人店舗の在庫管理ができる未来型無人化店舗『AI STORE LAB』とは?

AI STORE LABは、無人で在庫管理ができる未来型無人店舗です。

無人店舗と聞くと、
「人がいないのにどうやって在庫管理を行うのか?」
「商品の補充はどうするのか?」
など、無人ならではの疑問が浮かぶかもしれません。

しかし、画像認証や重量センサーを活用して自動化を実現。スタッフがいなくても効率的に在庫管理を行えます。

また商品補充も、補充通知がきたときだけ、人が商品を受け取って商品棚に並べるだけなので、効率的な店舗運営が可能です。

その他にも、無人店舗を運営する上で重要な機能が豊富なので、詳しくご紹介します。

▼【機能1】
無人店舗では不可欠となる、持ち逃げ対策。もし窃盗で商品が大量に持ち去られた場合、以下のようなメール通知で知らせてくれるので、万引きや窃盗団対策になります。


▼【機能2】
商品情報を表示するサイネージやタッチパネル手に取った商品を認識し、商品情報をサイネージやタッチパネルに表示します。
雑誌の試し読みもできるため、お客様が納得して商品を購入しやすくなります。
客層に合う商品を把握したり、売れやすい場所に商品を配置したりしやすくなるため、売上アップが期待できます。

「セキュリティも重視しつつ、無人店舗を運営したい」
「売上への貢献につながる機能も考慮しつつ、無人店舗を運営したい」
という方は、以下からお問い合わせください。

続いて、無人店舗の運営・在庫管理でよくある質問を解説します。

無人店舗の運営・在庫管理でよくある3つの質問とは?

無人店舗の運営・在庫管理でよくある質問は、次の3つです。

  • 【質問1】無人店舗のセキュリティは大丈夫?
  • 【質問2】無人店舗の導入費用は?
  • 【質問3】無人店舗の導入事例はある?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【質問1】無人店舗のセキュリティは大丈夫?

無人店舗と聞くと、「大量の持ち逃げ」や「営業時間外による不正侵入」などのセキュリティを心配される方も多いのではないでしょうか。AI STORE LABでは様々なセキュリティ対策があります。

一例として少量を万引きされた場合、商品棚の重量センサーとカメラの画像認識により「誰が何をとったのか」を把握できます。

未決済の商品を持っているとゲートから出られない仕組みとなっているため、商品が万引き・窃盗される心配がありません。

ほかにも、次のような複数のセキュリティ対策があります。

  1. 大量持ち去りを検知し、通知する仕組みがある
  2. 無理にゲートを突破しようとしたとき、映像とともに異常ログを送信できる
  3. 顔認証のデータが、特徴量データかつ暗号化して保持されている
  4. セキュリティ対策に強い決済代行会社が、クレジットカードの管理・決済をしている
  5. データを保持しているサーバーは、WAFで不正なアクセスがしづらい仕組みとなっている
  6. 不正侵入が起きたときは、店内のサイネージで強く警告を出してスマホ通知できる

セキュリティについてさらにくわしく知りたい方は、以下もあわせてご一読ください。

参考:無人店舗はセキュリティ面でも安心できる?4つの疑問に分けて対策を紹介!

【質問2】無人店舗の導入費用は?

無人店舗を検討する際、気になるのは導入費用ではないでしょうか。

参考までに、東京都内で30坪の無人店舗を導入する場合の相場をご紹介します。

【東京都内で30坪の店舗面積の場合の無人店舗の相場】
  • 初期費用:2,000万円~
  • 月額費用:40万円~

契約する店舗の賃料やシステム利用料によりますが、おおよそ40万円以上と見積もるのがおすすめです。

とはいえ、相場だけでなく「具体的にどんな理由で、費用が変わるのか」が気になった方もいるのではないでしょうか。

費用に関わる要素は、大きく分けて以下の5つ。

  1. 顔認証システムの精度は高いか
  2. 在庫管理の業務効率化に繋がる機能はあるか
  3. 商品を購入した人の傾向を探れる機能があるか
  4. 店員がいなくても、商品の詳細が伝わる仕組みはあるか
  5. 無人店舗が停止するリスクは少ないか

上記の詳細については、以下記事をご一読ください。

参考:無人店舗の導入費用の相場は?費用対効果に影響する3つのポイントも解説!

【質問3】無人店舗の導入事例はある?

「無人店舗の導入事例も知っておきたい」と思った方もいるのではないでしょうか。

実は国内だけで見ても、試験的に導入している企業が増えてきています。

【日本の無人店舗導入事例10選】
  • 【事例1】DIME LOUNGE STORE
  • 【事例2】ファミマ!!サピアタワー/S店
  • 【事例3】JR赤羽駅のキヨスク
  • 【事例4】ROBOT MART 日本橋店
  • 【事例5】モノタロウAIストア
  • 【事例6】TRIAL Quick 大野城店
  • 【事例7】hotel koe Tokyo(渋谷店)
  • 【事例8】KINOKUNIYA Sutto
  • 【事例9】ランドセルの鞄工房山本
  • 【事例10】STAMP(スタンプ)

上記の詳細については、以下記事をご一読ください。

参考:日本国内の無人店舗の比較10選。特徴や導入の背景をそれぞれ解説!

まとめ:無人店舗の在庫管理は効率的に行おう!

今回は、無人店舗の在庫管理についてご紹介しました。最後に、記事の内容をまとめます。

  • 無人店舗でも、重量センサーやカメラの画像認証を活用して在庫管理が可能
  • 店舗への補充は通知が来たときだけなので、人が補充する工数も抑えやすい
  • 誰がどんな商品を取ったかわかるので、窃盗・万引き対策になる

無人店舗システムの導入を考えている方は、在庫管理やセキュリティ対策ができる『AI STORE LAB』がおすすめです。

「無人店舗で在庫管理できないか検討している」
「無人店舗の実物を見てみたい」
という方は、以下からお問い合わせください。

AI顔認証で入店、決済

関連記事

おすすめ記事

最新記事