1. HOME
  2. ブログ
  3. 無人店舗で顔認証決済を行うには?3つの仕組みと4つの質問を解説!

無人店舗で顔認証決済を行うには?3つの仕組みと4つの質問を解説!


「無人店舗で顔認証決済を導入したい」
「無人店舗の運営を考えたとき、顔認証決済を活用する方法について知りたい」
と悩むことはありませんか?

無人店舗は人件費を削減できるため、導入を検討している人もいるでしょう。しかし一方で

  • 決済やセキュリティの確保をどうすれば良いのか
  • 無人店舗の導入費用や在庫管理の方法は?
  • そもそも無人店舗をどのように導入したら良いのか

といった疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで今回は、「無人店舗で顔認証決済が行われる3つの仕組みとセキュリティ対策」について解説します。

「顔認証決済ができる無人店舗の導入を検討しているが、具体的なイメージが湧かない……」と悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

無人店舗で顔認証決済する仕組みとは?3つに分けて解説!

まずは、無人店舗で顔認証決済を行う3つの仕組みをご紹介します。

  1. 無人店舗に訪れる際、ゲートで顔認証を行い人物を特定
  2. 商品棚のセンサーや画像認識により、購入する商品を特定
  3. AIを活用した顔認証システムで人物を特定し、決済

1つずつ詳しく見ていきましょう。

【仕組み1】無人店舗に訪れる際、ゲートで顔認証を行い人物を特定

無人店舗では、入店時のゲートで本人確認が行われます。仮に一度も登録をしていない場合は入店すらできないため、セキュリティ面での心配は少ないでしょう。

「でも事前に登録が必要なら、いきなり来店しても入店できないの?」と思った方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

AI STORE LAB』の場合は、店舗の外に会員登録用のモニターが用意されています。そこで決済情報や顔認証用の撮影を行うことで、入店が可能です。

また人物の特定にはAI技術を活用しているため、高い精度で本人確認を実施可能。さらに混雑時は入店制限を実施したり、高熱が出ている人は入店できなくしたりする機能も搭載しております。

このように、

  • セキュリティ対策
  • 利便性

を両立した機能が用意されています。

【仕組み2】商品棚のセンサーや画像認識により、購入する商品を特定

ショッピングする際は、商品を手に取ってレジまで持っていきますよね。無人店舗では、

  • 商品棚にある重量センサー(何を取ったのかが分かる)
  • カメラによる画像認識(誰がものを取ったのかが分かる)

などを活用し、誰がどのような商品を手に取ったのか特定できます。

手に取った商品の情報はレジで決済するのはもちろん、商品の分析に活用も可能です。

画像認識により、

  • 年齢
  • 性別

などがわかれば、手に取った商品と合わせて「どの年齢層にどんな商品が売れやすいか」がわかります。新商品を売るときも、データを活用すれば効果を試しやすくなるでしょう。

たとえばセキュアの『AI STORE LAB』では、

  • どの棚のどの商品にどのぐらい触ったのか
  • 最終的にどのぐらい購入されたのか

といったデータを確認・蓄積できます。

来店する客層に合わせた商品を仕入れたり、売れやすい場所に商品を配置したりしやすくなり、売上アップが期待できる可能性も。

「顧客の情報や購買データを活用して、戦略的に無人店舗の運営を行いたい」という方は、以下からお問い合わせください。


【仕組み3】AIを活用した顔認証システムで人物を特定し、決済

顔認証システムがある無人店舗の場合は、カメラの前に顔を見せるだけで決済ができます。

たとえばセキュアの『AI STORE LAB』では、

  1. 顔認証システムで本人確認を行う
  2. ディスプレイに表示されているカートの中身、支払方法を確認する
  3. 問題なければお支払いボタンをタッチして、決済完了

と言った流れで決済ができます。ものの数秒で決済が終わるため、とてもスムーズです。

無人店舗の運営を検討しているなら、顔認証の仕組みを積極的に導入してはいかがでしょうか。

ここまで、無人店舗で顔認証決済を活用する仕組みについて解説しました。

  • 入退店時に自動で本人確認できる
  • 顔認証でスムーズに決済ができる
  • 顧客の行動データを蓄積し、売上アップの分析もできる

など、利便性が高いことがわかりました。

しかし一方で「具体的にどのような無人店舗サービスがあるのか知りたい」と考えている方もいるでしょう。そこで次に、顔認証システムを提供している「セキュア」が取り扱っている未来型AI無人店舗「AI STORE LAB」を紹介します。

未来型AI無人店舗『AI STORE LAB』とは?

「無人店舗の導入を検討しているが、店内のセキュリティ確保や万引きの防止、商品の補充などはどうすれば良いのか分からない」と悩んでいる方もいるでしょう。

セキュアの提供する「AI STORE LAB」では、以下の機能を搭載しており、無人店舗運営に関する悩みを解消できます。

■店内のセキュリティ確保
・顔認証を活用して、事前に登録していないユーザーの入店は不可能
・退店時に顔認証決済を活用して、自動で支払いが実施される
・不正な入店や長時間の滞在を自動検知できるため、店内のセキュリティを確保しやすい
■万引きの防止
・重量センサーと画像認証を活用し、万引きを迅速に検知できる
■商品の補充・重量センサーと画像認証、購買履歴データを活用し、 商品の在庫数をリアルタイムで確認可能・商品の補充タイミングを、自動で担当者に通知できる

店内のセキュリティ確保はもちろん、万引き対策や商品の発注タイミングで担当者に自動通知を行うなど、安心して店舗を運営できる機能が整っています。

「AI STORE LAB」ではこの他にも、

  • 画像認証を活用して、顧客の行動データを蓄積・分析
  • デジタルサイネージを活用して、商品の詳細情報を顧客に提供可能
  • 自動検温や入店制限の実施

といった売上アップやリスク回避に繋がる機能が豊富です。AI STORE LABの詳細については、以下をご一読ください。


とはいえ無人店舗の導入を考えるとき、よくわからない点もあるでしょう。そこで次に、「無人店舗の導入を考えるときによくある4つの質問」について解説します。

顔認証決済ができる無人店舗の導入を考えるときによくある4つの質問

ここでは、「無人店舗の導入を考えたときによくある質問」について解説します。

【よくある4つの質問】

  1. 無人店舗を導入する場合の費用は、いくらかかるのか
  2. 無人店舗のセキュリティ確保はできるなのか
  3. 商品の在庫管理はどのように行えば良いのか
  4. 無人店舗サービスをどのように選べば良いのか

それぞれ具体的に見ていきましょう。

【質問1】無人店舗を構える場合、どのぐらいの費用が必要なもの?

無人店舗を構える場合の導入費用は、利用するサービスや土地の広さによって異なります。

たとえばセキュアの「AI STORE LAB」の場合、約30坪の店舗で導入する場合

  • 初期費用:2,000万~
  • 月額費用:40万~

ほどの費用が発生します。

「無人店舗の導入費用について詳細が知りたい」という方は、こちらの記事をご一読ください。

参考:無人店舗の導入費用の相場は?費用対効果に影響する3つのポイントも解説!

【質問2】無人店舗はセキュリティが心配だけど、そのあたりは大丈夫?

無人店舗を運営する場合、セキュリティは大丈夫なのか気になる方もいるでしょう。しかし多くの無人店舗では、セキュリティを確保するために様々な仕組みが導入されています。

たとえば セキュアの「AI STORE LAB」の場合、本人登録されていない場合は顔認証を突破できず、入店できません。また不正に入店した場合、AIが自動検知してサイネージで警告できます。

無人店舗システムでは店内セキュリティを確保するため、様々な仕組みが導入されています。「セキュリティを確保するためにどのような取り組みがなされているのか、詳細を知りたい」という方は、以下記事をご一読ください。

参考:無人店舗はセキュリティ面でも安心できる?4つの疑問に分けて対策を紹介!

【質問3】商品の在庫管理は、どのようにやっているの?

無人店舗で商品の在庫管理を行う方法は、サービスによって異なります。

たとえばセキュアの「AI STORE LAB」では、画像認証と重量センサーを活用して、

  • 商品の在庫をリアルタイムで確認できる
  • 在庫が少なくなった商品は、担当者に自動で通知メールが届く

といった機能を搭載しております。

これらの機能によって、無人店舗でも効率的な在庫管理が実施できます。ただしサービスによって在庫管理の方法は異なるもの。無人店舗サービスを契約する前に、在庫管理の方法について確認しておきましょう。

【質問4】無人店舗サービスは、どのように選べばいいの?

無人店舗サービスを選ぶには、まずどのような無人店舗サービスがあるのか知っておくことが大切です。

無人店舗といっても

  • 顔認証を活用するのか他の認証方法を活用するのか
  • 24時間無人なのか、夜間だけ無人なのか

といった違いがあります。

売りたい商品や販売方法によって、おすすめの無人店舗サービスは異なります。自社に最適なサービスを選ぶには、日本にどのような無人店舗サービスがあるのか知っておくことが大切です。

日本の無人店舗の事例10選を以下でまとめているので、ご一読ください。

参考:日本国内の無人店舗の比較10選。特徴や導入の背景をそれぞれ解説!

まとめ:さっそく無人店舗を体験しよう!

今回は、無人店舗で顔認証決済する仕組みについてご紹介しました。ここで、内容を振り返ってみましょう。

  • 顔認証決済を導入すれば、入店時の本人確認や顔認証決済を利用できる
  • 無人店舗の導入費用は、サービスや店舗の広さによって大きく異なる
  • 顔認証の仕組みを活用すれば、店舗のセキュリティを高めたり在庫管理を行いやすくなったりする

無人店舗と聞くと、

「安全面で問題はないのか」
「スタッフがいないのに在庫管理はどのように行うのか」
など、様々な疑問が浮かびます。

しかし顔認証システムを活用すれば、セキュリティを確保しつつ安全な店舗運営を行えます。たとえば「AI STORE LAB」では顔認証を導入しており、事前に本人登録すれば入店したり顔認証で決済できたりします。

また在庫管理も、画像認証や重量センサーを活用して自動化が可能。スタッフがいなくても効率的かつ安全に店舗運営を行えます。

「顔認証を活用した無人店舗の運営を検討している」
「無人店舗は実際のところどうなのか、詳しく見てみたい」
という方は、以下からお問い合わせください。

関連記事