1. HOME
  2. ブログ
  3. AIを活用して顔認証を行う仕組みとは?具体的な活用事例も3つ紹介!

AIを活用して顔認証を行う仕組みとは?具体的な活用事例も3つ紹介!

「AIを活用した顔認証は、精度が高いのだろうか……」
「AIを活用した顔認証の仕組みが詳しく知りたい」
と思うことはありませんか?

セキュリティ対策や業務効率化の一環として、顔認証システムの導入を検討している企業もいるのではないでしょうか。このとき気になるのが、AIをどのように活用しているのかといった点です。

そこで今回は、

  • AIを活用して顔認証を行う仕組み
  • AIを活用した顔認証システム・デバイス

などの流れで、AIと顔認証についてまとめてご紹介します。

AIを活用した顔認証システムの導入事例もご紹介しているので、ぜひご一読ください。

なおAIを活用した顔認証システムの導入を検討しているなら、事前にプロに相談するのも1つの手です。以下から相談可能なので、お気軽にお問い合わせください!

セキュアの顔認証ソリューション

AIを活用して顔認証を行う仕組みとは?

顔認証は文字通り、カメラから移した人物の顔をデータと照合して認証を行う仕組みのこと。この認証の精度を上げるために、AIが活用されています

具体的に言うと、

  • 画像を元に人物を判定し、OK/NGを何度も学習させる
  • 学習したAIを活用し、精度の高いプログラムを組み込む

といった流れで、認証の精度や速度を上げるために活用しているのです。

AIが無いと認証の学習ができないため、顔認証の精度が低くなってしまいます。極端な例で言うと、マスク着用の有無によって認証できないなど。

  • 目元のような限定した部分だけでも認証できる
  • 0.2秒以内の高速認証ができる

といった実用的なシステムを実現するには、AIの活用が必要不可欠です。

参考:いま注目を集める顔認証とは?仕組みや活用方法を解説!

ここまで仕組みを説明してきましたが、顔認証デバイスごとの特徴や実際の導入事例をみることで、顔認証導入の効果をより強く実感できます。

まずはAIを活用した顔認証デバイスについて、詳しくみていきましょう。

AIを活用した顔認証システム・デバイス3選

AIを活用した顔認証サービス・デバイスを、3つご紹介します。

  1. SECURE FR
  2. NeoFace KAOATO
  3. MB-300/MF

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.SECURE FR

引用元:https://secureinc.co.jp/solution/face.html

1つ目は、株式会社セキュアが提供しているSECURE FRです。SECURE FRの特徴は、以下の3つ。

  1. 入退室管理システムとカメラを連携したシステム導入が可能
  2. 顔認証とディープランニングによる、高度なAI(人工知能)技術を利用
  3. 「SECURE AI Office Base」といったオフィスに導入しやすいサービスあり

AIを活用した顔認証システムを活用し、ソリューションの提案が可能です。カメラの種類も豊富に取り揃えており、屋外・屋内にも対応しています。

さらに複数人での認証が可能なデバイスもあり、導入の意図に合わせて最適な提案が可能です。詳細については、以下からお問い合わせください!

セキュアの顔認証ソリューション

2.NeoFace KAOATO

引用元:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/kaoato/index.html

2つ目は、NECが提供しているNeoFace KAOATOです。NeoFace KAOATOの特徴は、以下の3つ。

  1. QRコード顔認証システムを活用
  2. 入退室履歴の記録
  3. 登録した顔を検知して担当者へ通知

特にQRコード顔認証システムの活用は、QRコード内の顔データとカメラで写した顔が一致すれば本人確認ができます。そのため、セキュリティをより強化したい方におすすめです!

参考:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/kaoato/index.html

3.MB-300/MF

引用元:https://stealth-nets.com/products/mb-300mf.html

ステルス・ネットワークス株式会社が提供しているMB-300/MF。MB-300/MFの特徴は、以下の4つ。

  1. 西日直撃でも顔認証可能
  2. マスク着用下でも顔認証可能
  3. 最大1,500人の顔データを登録可能
  4. 防水・防塵性能が高いため屋外でも利用可能

特に屋外での使用に関しては、真っ暗な場所や逆光、西日直撃にも強いという特徴があります。そのため、屋外で使用したい方におすすめです。

参考:https://stealth-nets.com/products/mb-300mf.html

AI顔認証システムを活用した3つの事例とは?

AI顔認証システムは、さまざまな活用事例があります。なかでも特徴的なのは、次の3つ。

  1. オフィスの顔認証システム導入事例
  2. 店舗・イベント会場への顔認証システム導入事例
  3. その他顔認証システムの導入事例

特にオフィスや店舗などで、顔認証システムの導入が進められています。たとえばセキュアのSECURE AI Office Baseでは、以下のようにオフィスの業務効率化・コロナ対策として顔認証システムの導入も可能です。

上記を含め、顔認証システムの導入事例については以下で詳しくまとめています。導入がイメージしやすくなるので、ご一読ください!

参考:自社でも活用できる?顔認証システムの導入事例を3つのケースに分けて紹介!

ここまで、顔認証システムの概要や導入事例などについて解説しました。しかし、いざAI顔認証システムの導入をしようと思ったときに新たな疑問が出て来ることも。

続いて、AI顔認証システムの導入を検討するときよくある質問と回答について見ていきましょう。

AI顔認証システムの導入を検討するときよくある3つの質問と回答

AI顔認証システムの導入を検討するときよくある質問は、次の3つ。

  1. 顔認証システムでできることとは?
  2. 顔認証と同時に検温もできるもの?
  3. 顔認証を利用してシステム開発する方法はある?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【質問1】顔認証システムでできることとは?

顔認証システムでは、次の4つのことができます。

  1. オフィスの入退室管理
  2. なりすまし・チケット転売の防止
  3. 会員認証
  4. 顔認証決済

特に顔認証を使った決済により、無人店舗などが進められています。

たとえばセキュアのAI STORE LABでは、顔認証での入店や棚解析、商品情報のサイネージ表示を実現。未来の買い物を体験できます。

AI STORE LABの詳細については、以下からお問い合わせください。

AI顔認証で入店、決済

なお、顔認証システムでできることについてさらに詳しく知りたい方は、合わせて以下もご一読ください!

参考:顔認証システムでできる4つのこととは?導入検討時によくある3つの質問も

【質問2】顔認証と同時に検温もできるもの?

コロナ禍が長引いていることもあり、顔認証と同時に検温もできるデバイスが増えてきました。弊社のSECURE FRもその1つ。

SECURE FRは約0.2秒で結果がわかり、検温の誤差も±0.5℃と正確な体温を確認しやすいという特徴があります。

また、化粧や髪型の変更にも影響を受けず、マネキンや写真などの偽顔も判別できる精度の高さを誇っています。またなりすましも困難で、セキュリティ性が優れている点も心強いです。

SECURE FRの詳細については、以下をご確認ください!

参考:SECUREのAI 顔認証ソリューションとは

コロナ禍において、体温測定もできる顔認証システムを導入したいと考える方は多いでしょう。

しかし、体温測定できる顔認証システムは多く存在します。そのなかでも特におすすめな顔認証システムが知りたい方は、以下をご確認ください。

参考:体温測定できる顔認証システム5選!3つのコロナ対策に繋がる機能も紹介!

【質問3】顔認証を利用してシステム開発する方法はある?

1から開発しなくても、顔認証技術を自社サービスへ実装する方法があります。

たとえば、

  • 各顔認証技術に用意されているSDK/APIを活用する
  • 各社が用意するSDKを利用する

といった方法で、赤外線搭載の顔認証用端末(専用ハードウェア)さえあれば開発も可能です。

また、顔認証技術を活用することで、

  1. 顔認証決済システム
  2. 入退室管理システム
  3. のぞき見防止
  4. 属性解析

などといった機能も応用できます。自社で顔認証システムの開発をお考えの方は、以下記事をご一読ください!

参考:顔認証技術を活用してシステム開発するには?活用法、システム開発企業を徹底解説!

まとめ:AI活用の顔認証システムを導入してオフィスをクラウドで管理しよう!

今回は、AIを活用した顔認証システムについて紹介しました。

ここで、これまで紹介した内容についてまとめます。

AIを活用して顔認証を行う仕組み

  • AIを活用した仕組みにすることで、認証精度・速度の高い顔認証システムを利用できる

AI顔認証システムを活用した事例

  • オフィスへの導入
  • 店舗・イベント会場への導入
  • スマホ端末ロック解除での導入
  • コンビニ店舗管理端末への導入
  • 離院防止目的での医療機関への導入

コロナ禍において、AIを活用した顔認証システムの需要はますます高まることが予想されています。

なかでも、弊社のクラウド型オフィス管理サービス「Secure AI Office Base」を導入すると、入退室管理や労務管理もできるためおすすめです。

顔認証システムの導入を検討している方は、以下からお問い合わせください。

セキュアの顔認証ソリューション

関連記事