1. HOME
  2. ブログ
  3. 【コロナ対策チェックリスト】あなたのオフィスに必要なコロナ対策が丸わかり!

【コロナ対策チェックリスト】あなたのオフィスに必要なコロナ対策が丸わかり!

オフィスに必要なコロナ対策

これからのコロナ対策

コロナウイルス感染症拡大に伴い、テレワークなど出社しない働き方がスタンダードになってきている一方で、業種によっては出社を余儀なくされることもあるのではないでしょうか。またコロナ感染者が減ってきている現在、社員をオフィスに戻す動きも出てきているようです。

オフィスは多数の人が出入りし、また長時間滞在することから感染リスクが高い場所だと言えます。これから出社する人が増えることが予想されるので、今のオフィスの状況にあわせたコロナ対策を検討する必要があります。

オフィスに必要なコロナ対策

オフィスに必要なコロナ対策は大きく3つにわかれます。

①飛沫対策・3密対策
コロナウイルスは一般的に飛沫感染や接触感染で感染するといわれています。人が集まらないように出社しない働き方にシフトしたり、密を可視化することで1人1人が密を回避する行動をとれるような仕組みが必要になります。また、人が集まる場所には消毒液やアクリルパネルを設置するなどの対応が求められます。

②社員の体調管理
オフィスでのクラスター対策として、体調の悪い人や発熱している人など感染の疑いがある人を入室させないということが重要となります。しかし、長期化するコロナ禍によって管理が煩雑になっているところもあるのではないでしょうか。全てを人の手で行うことは管理が大変なので、一部は機械で行うなどシステムとうまく組み合わせて運用することが求められます。

③体制整備
万が一コロナ陽性者が発生してしまった時に迅速に対応できるような体制を事前に整えておく必要があります。

また、陽性者が発生した際には濃厚接触者のリストを提出したり消毒作業をしたりなど事後対応が必要になります。あらかじめ従業員の出入りを管理したり消毒業者を調べておいたりするなど、スムーズな対応のためにも事前に調べておくことが重要です。

コロナ対策チェックリスト

オフィスのコロナ対策について紹介してきましたが、あなたのオフィスのコロナ対策はいかがですか?

厚生労働省から、職場における感染拡大防止のチェックリストが公表されています。

これを機に、オフィスのコロナ対策を見直してみてはいかがでしょうか。

▼チェックリストはこちら
厚生労働省「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000630736.pdf

簡易チェックリスト

そんな多くの項目をチェックするのは大変という方のために、簡単なチェックリストをご紹介します。全部で7項目なので、是非お試しください。

【簡易チェックリスト】
□マスク着用の徹底を周知している

□オフィスに入室する人の体温を各自で測っている

□従業員の体温を記録し、健康管理をおこなっている

□密にならないようにテレワークやサテライトオフィスを導入しており、自宅や遠隔地にいても社員の体調を把握できる

□空間の混雑状況を可視化でき、密回避を促す仕組みがある

□万が一陽性者が発生した場合にも、濃厚接触者が特定できる体制が整っている

□来客者の来客日時を把握し、陽性者発生の場合も対応できるようにしている

あなたのオフィスのコロナ対策の課題とは

いかがでしたでしょうか?
チェックが多くついた階級ごとに必要な対策が異なってきます。

次の章でそれぞれの課題や課題を解決する対策プランをご紹介するので是非チェックして、オフィスのコロナ対策に役立ててください。

■チェックの数:1~2個
最低限のコロナ対策は出来ているようですが、管理がしきれていなかったり煩雑だと感じていませんか?システムと組み合わせることでもっと効率的に管理ができます。
→対策の「エントリープラン」をチェック!

■チェックの数:3~4個
きちんと従業員の体調の管理も出来ているようです。多様な働き方に対応できる仕組みで、どこからでも管理ができるようにしたいと思っていませんか?クラウドの仕組みで管理の手間を減らすことができます。
→対策の「スタンダードプラン」をチェック!

■チェックの数:5~7
徹底した管理ができていますね。現状は管理できていますが、今後のオフィス運用にも使用できるシステムに興味はありませんか?アフターコロナにおけるオフィス運用にも柔軟に対応できます。
→対策の「プレミアムプラン」をチェック!

コロナ対策プラン

現状が分かっても、どんな対策が必要なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、コロナ対策のレベル別にプランをご紹介します。

エントリープラン

オフィス運用を行う上で、最低限必要となるコロナ対策プランです。

【こんな課題を解決】
・従業員の体調管理を紙で記録していたり、自己申告制にしたりしていて、管理がしきれていない。

・従業員の健康管理をする手間を減らしたい。

・社内でマスク着用をしていない人がいるが注意しにくい。

・色々な測温システムがあり何を選んでよいかわからない。

・最低限、コロナ対策をしていることを来客者等対外的にアピールしたい。

【機能】
・測温機能
→温度を測る手間や測り忘れを防止します。

・マスク検知
→マスク着用が必須になっている現在、マスク検知は必須機能です。

・音声によるマスク着用の案内
→マスク着用の注意をしにくい場合にも、機械で案内されるので指摘がしにくいという総務の方のお悩みも解決できます。

スタンダードプラン

遠隔でも従業員の体調管理やマスクチェックが可能です。管理者が在宅ワークでも徹底管理ができるプランです。

【こんな課題を解決】
・コロナ対策でテレワークやサテライトオフィスを導入しているが、それぞれの管理になってしまい一元管理ができていない。

・自宅でテレワークをしていても、遠隔から管理できるようにしたい。

・従業員の体調管理を毎日チェックするのは大変だから、体調が悪い人がいた時に通知が来るようにしたい。

【機能】
・測温機能
・マスク検知
・音声によるマスク着用の案内
→エントリープランでご紹介しています。

・メールでの通知機能
→体温が高い人やマスクを着用していない人が認証した時には、メールで通知されるので常に管理していなくても、必要な時に情報をキャッチできます。

・本人認証
→ユーザー登録を行うことで、いつ・だれが・何度だったか履歴を残すことができます。

・顔写真によるユーザー登録
→ユーザー登録のために現地に行く必要はありません。事前に写真で登録しておくことで、スムーズに認証頂けます。

プレミアムプラン

アフターコロナを見据えたコロナ対策プランです。セキュリティと一体型で、社員の体調管理からオフィスの混雑状況まで幅広く管理が可能です。どれも遠隔地から確認・操作が可能なのでテレワークを導入している企業にはピッタリです。

【こんな課題を解決】
・遠隔地にいてもコロナ対策だけでなくセキュリティまで管理したい。

・来客者の体調管理や入室履歴も管理したい。

・コロナ終息後でも活用できるシステムを導入したい。

・万が一陽性者が発生してしまった時にも、工数をかけずにすぐに濃厚接触者を特定できるようにしたい。

【機能】
・測温機能
・マスク検知
・音声によるマスク着用の案内
→エントリープランでご紹介しています。

・メールでの通知機能
・本人認証
・顔写真によるユーザー登録
→スタンダードプランでご紹介しています。

・マスク着用無し、高い温度検知時の入室制御

・来客者向けのワンタイムパス機能
→事前の登録により、スムーズな入室が可能です。また来客者の体調も管理できます。

・在籍、混雑管理
→テレワークでオフィスの状況が分かりにくくなってしまいますが、ダッシュボードからオフィスの混雑状況やだれが社内にいるのか確認することができ、確認の連絡をする手間を省けます。

・濃厚接触者追跡機能
→在室の記録から、誰が長く同じ空間にいたのかリスト化されます。陽性者が発生してしまった時も安心です。

まとめ

あなたのオフィスのコロナ対策はいかがでしたか?
長期化するコロナ禍の中で、状況にあったコロナ対策が必要となってきます。

これを機に必要なコロナ対策を見直すのも良いかもしれませんね。

ご紹介したコロナ対策プランに興味のある方は、是非以下よりお気軽にお問合せください。

\最新設置ノウハウ事例から設置イメージもご紹介/
顔認証クラウド型入退室管理システム:SECURE AI Office Baseの無料資料ダウンロード

関連記事

おすすめ記事

最新記事